2009年07月17日

アマルフィ

アマルフィのCMがバンバン流れている。
サラ・ブライトマンの『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』にイタリアの景色が流れると映画を見たいより先に海外へ行きたくなる。
アマルフィでもいいし、とにかく、ヨーロッパの海がある町。
日本だと海より山の方が好きなのだけれど、海外はやっぱり海があるトコロ。

実はアマルフィのことは知らなかったのだけれど、出演者の方がプロモーションで出ていらしたテレビ番組で世界遺産になっている海岸だという事を知り、一気に行ってみたくなった。
世界遺産になっているということ以外はアマルフィが何なのかも全くわかっていないのに、かなりミーハーな話…。

でも、去年、ギリシャのサントリーニ島へ行ってから、やたらとエーゲ海好きになっていたので、もともと次に行くなら、絶対、カプリ島!!と思っていた。
そこに現れたのがアマルフィ。
どうもカプリ島&アマルフィというプランの旅行もあるみたいなので、さらにテンションが上がる。

アマルフィの映画の事を初めに知った時は、正直、そんなに観たいとは思っていなかったのだけれど、テレビ番組内でのプロモーション(たくさんやっていますね〜!!)を見ているうちに、何だかとても観たい気分になってきた。
自分が見たい番組を見ているとある意味有無を言わさず見せられてしまうプロモーション。
恐るべし!!

広告業界ではテレビCMの効果が以前ほどはなくなってきたと言われているようだけれど、
CMでいちいちチャンネルを変えたりしない私にとってはかなりの効果。
それで購買意欲につながるかはCM次第だけれど、覚えてしまうのは間違いない。
しかし、最近のCMは本当に面白くなっているなあと感心するばかり。
posted by Keiko at 14:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

自由な人

『森泉』を見るのが大好きだ。
もちろんキレイなのだけれど、それ以上に、あの自由な雰囲気にワクワクする。
たまにあの自由さに辟易している共演者の方もいらっしゃるようで、それを見てドキドキすることもあるけれど、「まあ、そういうことがあってもいいんじゃない。」とさえ思う。
私ももっと自由に生きて行こ〜!!と思わせてくれる。

ギリシャに行った時も同じような事を思った。
笑いたくない時にムダに笑顔を振りまいたりしないんだろうな〜と思われる店員さんとか、そうよね、別にレジにお客さんがいないときに隣の店員さんと楽しい話で大いに盛り上がったって別にいいわよね〜と思わせてくれる店員さんに出会った。
一番、ビックリしたのはあるカフェレストランにいた女性。
注文を聞きにきてくれたのだけれど、途中で急に私の手をつかんだのだ。
「え〜っ!?!?」とあたふたしていると「このネイルすっごいカワイイ!!どこでやってもらったの!?まさか自分で!?」と盛り上がり始めてしまった。
日本のネイルの技術は高いと聞いたことがあったけれど、まさかお店の人に手をつかまれるとは…。

普段、こういう時はこうあるべきという考えにしばられていて、自分が疲れてしまったり、人にイライラしてしまったり。
たとえばそれを全部取っ払ってしまったとしたら…と考えると、自分が疲れることも、人にイライラすることも激減するだろうなと思う。
生きて行きにくくならない程度(逆にストレスを受けては意味がないから)に常識から外れてみようと思う。
posted by Keiko at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

島田紳助さんのこと

島田紳助のテレビが好きで時間があれば何かと見ている。
(呼び捨てでスミマセン。でも、一般人にとっては芸能人に『さん』付けというのは何か違う。『ポッキーさん』的な違和感。)

島田紳助って本当に浮気してるんだろうか?
見ているととにかくそれが気になって仕方がない。
島田紳助のテレビを見ていると必ずと言っていいほど浮気の話が出てきて、島田紳助は浮気してるんだろうなと思わせるようなことをいつも言う。

スキャンダル的な意味合いでは島田紳助が浮気していようが、してなかろうがどっちでもいい。ただ、もし本当に浮気しているんだとしたら、奥さんはどんな気持ちで見ているんだろうと気になって、気になって仕方がない。

浮気してもいいと思っている女性っているのだろうか。
普通はこうだからと考えることをできるだけ自分の中から排除していきたいとは思っているけれど、それでも、そんな人いるわけないじゃないかと思ってしまう。
そういう人もいるかもね〜という想像ができないのだ。

もしいるのだとしたら、何でそう思っているのか根掘り葉掘り聞いてみたい。
そして、「なるほどね〜。」と納得したい。
が、残念ながら周りにいないのだけれど。

そういえば、MISONOが恋人に浮気されてもいいというようなことをテレビで言っていたけれど、いや、それは恋愛そのものを拒否しているのでは?と思ってしまった(あくまでも個人的な感想)ので、まだ納得にはいたっていない。
posted by Keiko at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。